Welcome!


あかりのブログだよ♪
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
スポンサーサイト
2016/12/31(Sat)

一定期間更新がないため広告を表示しています


投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
それ散る完全版
2008/09/07(Sun)07:28
久々の投稿です。
今日は少し今度発売する「それは舞い散る桜のように」について語りたいと思います。少し固めの話しになると思いますが最後まで読んでくれたら幸いです。それ散る完全版がいよいよ動きだしたみたいじゃないですか!?
だかしかし、BasiLのホームページのそれ散るの紹介ムービーを見てびっくり!?
なんと、今回シナリオを書くのは王雀孫じゃないみたいですか!?その代わりに丘亮助と言う人が書くみたいですね。
ぐぐっては見たもの全くこの人に関する情報が全く載っていない!獲られた情報と言えば、この人は新人ではないかと言うことだけ。
「え〜、この謎の人がシナリオ引き継ぎの」と思いながら、キャラデザイナーも誰が描くのか書いておらず、「これでかぐや達は大丈夫なのか」と思いそして、至る所にチームBasiLの文字が。「なんかの団体さんですか?」となんかいろいろ足りてないみたいで。なんかいろいろと解らない事だらけだったので、ちょっと調べた所、ある事がわかりました。まあきっとこのことを知っている人の方が多いとは思いまが・・・
これはあくまで推測なのであまりに期待しないでください。まず話をするには2007年まで遡ります。この頃からBasiLが活動を再開し初めました。ですがその裏腹では、Navelとは考え方の方向性が違うと言う理由で辞めていく人が発生していたみたいです。察しのいい人にはもう私がなにをなにを言おうとしてるのかわかってしまったと思いますが、その辞めていった人たちの少数の人がBasiLの方に行っていたみたいです。だからBasiLが2007年の末に活動を再開初めたわけですね。なので、今の新生BasiLは反Navelになるというわけですね。
ですから、今のBasiLのゲームにはちょっと手が出しづらいですね。確かにBasiLは復活しましたけど、昔とは思想が違うと思うので同じ「それは舞い散る桜のように」 と言う作品であっても思想が違えば一見外観は同じでも、中身は全く違う物になってしまいます。そもそも思想が同じなら少なくとも、王雀孫は絶対だと思うし。でも、丘亮助が王雀孫以上の逸材、つまり雀孫の限界を超えれる人物なら話は別ですが。まあ取りあえず今のところは「それ散る」は様子見ですかね。新しいシナリオライターがどんな風に物語(世界)を描くのか気になりますし。まあ実際の所最も注目するべき点は「それ散る」ではなくその次に出すものが重要となって
くるはずです。
現存の作品を出すのかはたや新生BasiLとしての作品を出すのか。私としては、新しい作品を是非とも出して欲しいですね。やっぱり現存の作品だとあまり新生BasiLの色が分かりづらいと思うからです。専属のキャラデザイナーとかがいない状態でどのような作品を作ってくれるのか楽しみです。あくまで今のBasiLとして頑張って欲しいです。あまりに過去の作品に依存してほしくはないですね。じゃないとNavelに対抗している意味があまりないような気がします。取りあえず今回の作品は、多分そこまでは悪い物にはならないとは思います。(多分ですが)
しかし雀孫endを望んでいる人にとっては、受け付けない作品になるんじゃないですかね。
最後にこの集めた情報は、所詮はただの仮想空間の情報でしかないのであまり信用はしないでくださいね。

投稿者:燎香 燈|カテゴリ:Navel&Lime&BasiL総合♪(*'-^)-★
スポンサーサイト
2016/12/31(Sat)

投稿者:スポンサードリンク|カテゴリ:-

コメント:-|トラックバック:-
コメントを書く




最近の記事
最近のコメント
 
 
 
 
 
プロフィール
リンク集
  • 【素晴らしき日々〜不連続存在〜】応援中!
  • 【素晴らしき日々〜不連続存在〜】応援中!
  • 【しゅぷれ〜むキャンディ】応援中!!
  • 『your diary』 ゆあ 応援中!
  • 「はつゆきさくら」応援CHU!!
  • 『穢翼のユースティア』は今冬発売です。
QRコード
qrcode
スポンサー広告
Powered By JUGEM
管理者ページ 無料ブログ作成サービス JUGEM